地域とともに育む協同

JAアグリサポートだいち

JAアグリサポートだいち

地域と共に農業を守ります!

『JAアグリサポートだいち』はJA三重中央管内の担い手不足や農業生産量減少、耕作放棄地増加などの問題に対応するため平成28年4月に設立しました。

『担い手の育成と支援』・『農業生産』・『農作業の支援』を行い、地域の担い手機能の発揮や耕作放棄地を解消することで、農業生産基盤の強化を目指して事業を展開しています。

JAアグリサポートだいちの取組み

担い手の育成と支援

地域農業を担う農業者を育成!

新規就農者や担い手への人材育成現場として研修生などを受け入れています。地域農業を守っていくための大切な人材となり、現在は研修生を1人受け入れています。

農業生産

JA三重中央ブランドを守る!

JA三重中央主力品目のキャベツを守ろうと借り受けた農地で栽培をしています。現在は570aの農地でキャベツなどを栽培しており、県外産に勝てる産地づくりを目指しています。

農作業の支援

地域の農業をサポート!

農家の水稲育苗作業・野菜苗定植・土壌改良剤散布・防除作業・除草作業・茶木抜根を実施しています。